妊娠中には水の宅配で自己防衛

妊娠中には、お母さんが口にする水や食べ物などは、全てダイレクトに胎児の栄養として吸収されます。妊娠中に胎児の健康を考えてアルコールやタバコを我慢するお母さんも少なくありませんが、普段何も考えずに飲んでいる水にも、実は長期的に考えると健康には良くない成分が含まれている事はご存知ですか?

飲み水として使う水はミネラルウォーターをボトルから飲んでいても、調理の時に使う水は水道水をそのまま使うという家庭もすくなくありません。水道水は、雑菌を撃退するために殺菌成分や消毒成分がたくさん含まれているだけでなく、重金属なども含まれています。これらの成分は人間の体内で消化する事ができないため、デトックスで体外に排出しない限りは体内にどんどん蓄積されてしまいます。特に妊娠中は、これらの成分も胎児に届いてしまうので、できれば避けたいですよね。

それだけではありません。妊娠中にはどうしても腸が圧迫されて働きが鈍ってしまうため、便秘になりやすくなってしまいます。そのため、水の宅配などで購入した硬水などを利用して体内にミネラル成分を摂取し、消化を活性化させてあげる工夫も良いかもしれませんね。

妊娠中に水の宅配サービスがなければ困ると言うわけではありません。しかし、水の宅配サービスを利用すると、マタニティライフもより健康的になりますし、妊娠中におきる便秘などもスピーディに解消する事ができます。水の宅配は出産後にも活用する事ができるので、利用する方が増えています。どこのサービスが良いかについては、妊婦だけでなく、子供も安心して飲める人気のウォーターサーバーの宅配水サービスも参考にしてみてください。

とくに人気のアクアクララで宅配される水は、妊婦さんも安心して使うことができるものです。まず安全性を考え、1000万分の1mmという非常に細かいフィルターでろ過しています。不純物をとことん排除しているからこそ、デリケートな身体の妊婦さんにおすすめなのです。アクアクララで宅配される水は、不純物をしっかり取り除くだけではありません。ミネラルバランスを整えて、おいしく飲めるデザインウォーターにしていることが特徴です。ミネラルウォーターより安全で、しかも味が良い水を口にすることができるわけです。

産婦人科の待合室でも、アクアクララのウォーターサーバーを設置するケースが増えています。妊婦さんが飲んでも大丈夫だと思えるからこそ、医療機関でも取り入れる例が多くなっているのでしょう。妊娠すると体質が変わるせいか、喉が乾きやすくなる女性が多いようです。しかし、喉が渇くたびにジュースを飲んでいては、お腹の赤ちゃんにもよくありません。アクアクララのウォーターサーバーの水だったら、たくさん飲んでもOKです。

アクアクララのウォーターサーバーは、冷水と温水を同時にセットできます。季節や好みに応じて、飲む温度を選ぶことができるのもいいですね。温水は80℃から90℃にセットすることができますから、あたたかいスープを手早く作ることもできます。お腹の赤ちゃんのためにコーヒーや紅茶を控えている妊婦さんは、温水でノンカフェインのお茶を作ることもできます。アクアクララの妊婦さんにお得なキャンペーンはこちらです。


関連記事

このページの先頭へ